日本の視覚障害の原因疾患第1位は「緑内障」

日本の視覚障害の原因疾患第1位は「緑内障」

人間は、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚という五感から様々な情報をキャッチして生活しています。
中でも、情報の85%以上を入手している視覚は、人間にとってとても重要な役割を果たしており、視覚を失うということは情報の大半を失うことになります。

日本の視覚障害の原因疾患と中途失明の原因疾患を見ると、第1位から第3位までが同じ病気がランクされていますので、注意すべき目の病気として知っておくことが大切です。

◆日本の視覚障害の原因疾患

参考:厚生労働省科難治性疾患克服研究事業研究データ(平成17年度)

◆日本の中途失明の原因疾患

参考:厚生労働省科難治性疾患克服研究事業研究データ(平成17年度)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です