目の病気を予防するには

目の病気を予防するには

会社や学校で行われている一般的な健康診断では、目の検査は視力検査しか行われていません。
学校の視力検査では、斜視や弱視などの病気を発見する目的も含まれていますが、健康診断で行う視力検査はあくまでもスクリーニングであり、最終的な診断ではありません。
また、コンタクトレンズを使用している人は、レンズを着けたままの矯正視力を測定し、裸眼視力は希望しない限り測定されないケースがほとんどです。
そのため、一般的な健康診断では、近視・遠視・乱視などを測定することはできますが、緑内障や網膜疾患、白内障などの目の病気を発見することは難しいと言えるでしょう。
だからといって、人間ドックのような詳細な健康診断をすべての生徒や職員に受診させることは不可能なため、より詳しい検査は自分で眼科を受診するしかありません。

特に、中高年になると目にも様々なトラブルが起こりやすくなりますので、いつでも相談できる「かかりつけの眼科」を見つけておくことも、病気の予防に役立ちます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です