目の病気は自覚症状が少ない?

目の病気は自覚症状が少ない?

日常生活の中で、多少の見えにくさを感じたとしても、「目の疲れだろう」「年のせいかな・・・」で片づけてしまうことも少なくないでしょう。
飛蚊症が、網膜剥離のサインとして現れることはご存じの方もいるかもしれませんが、ちょっとした違和感が病気のサインかもしれません。
人間は普段から両目で物を見ていますので、片方の目に異常があっても、もう片方の目がそれを補ってしまうため、目の病気は気付きにくいことが特徴です。
結膜炎やドライアイなどの比較的軽度な疾患では、充血や目のかゆみなどの自覚症状がありますが、緑内障や網膜疾患などの重い目の病気ほど自覚症状に乏しく、視野狭窄や視野欠損を自覚した時には、すでに病気が進行していることがあります。
また、加齢による筋力や記憶力の低下といった老化現象と同様に、目にも老化現象があります。代表的な目の老化現象としては老眼がありますが、年を取るにつれて白内障や緑内障、網膜疾患など様々な病気を発症する可能性が高くなります。

大切な目を守るためには、病気の早期発見・早期治療が重要な鍵を握りますので、40歳を過ぎたら定期な眼科検診を受診して、自分の目の状態を知っておくことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です