カテゴリー: 未分類

目の病気は自覚症状が少ない?

目の病気は自覚症状が少ない?

日常生活の中で、多少の見えにくさを感じたとしても、「目の疲れだろう」「年のせいかな・・・」で片づけてしまうことも少なくないでしょう。
飛蚊症が、網膜剥離のサインとして現れることはご存じの方もいるかもしれませんが、ちょっとした違和感が病気のサインかもしれません。
人間は普段から両目で物を見ていますので、片方の目に異常があっても、もう片方の目がそれを補ってしまうため、目の病気は気付きにくいことが特徴です。
結膜炎やドライアイなどの比較的軽度な疾患では、充血や目のかゆみなどの自覚症状がありますが、緑内障や網膜疾患などの重い目の病気ほど自覚症状に乏しく、視野狭窄や視野欠損を自覚した時には、すでに病気が進行していることがあります。
また、加齢による筋力や記憶力の低下といった老化現象と同様に、目にも老化現象があります。代表的な目の老化現象としては老眼がありますが、年を取るにつれて白内障や緑内障、網膜疾患など様々な病気を発症する可能性が高くなります。

大切な目を守るためには、病気の早期発見・早期治療が重要な鍵を握りますので、40歳を過ぎたら定期な眼科検診を受診して、自分の目の状態を知っておくことが大切です。

目の病気を予防するには

目の病気を予防するには

会社や学校で行われている一般的な健康診断では、目の検査は視力検査しか行われていません。
学校の視力検査では、斜視や弱視などの病気を発見する目的も含まれていますが、健康診断で行う視力検査はあくまでもスクリーニングであり、最終的な診断ではありません。
また、コンタクトレンズを使用している人は、レンズを着けたままの矯正視力を測定し、裸眼視力は希望しない限り測定されないケースがほとんどです。
そのため、一般的な健康診断では、近視・遠視・乱視などを測定することはできますが、緑内障や網膜疾患、白内障などの目の病気を発見することは難しいと言えるでしょう。
だからといって、人間ドックのような詳細な健康診断をすべての生徒や職員に受診させることは不可能なため、より詳しい検査は自分で眼科を受診するしかありません。

特に、中高年になると目にも様々なトラブルが起こりやすくなりますので、いつでも相談できる「かかりつけの眼科」を見つけておくことも、病気の予防に役立ちます。

失明に至る主な目の病気

失明に至る主な目の病気

◆緑内障
緑内障は、何らかの原因で視神経が障害されることで、視野障害が起こる目の病気です。
症状としては、見える範囲が狭くなる「視野欠損」、視界に見えない部分が生じる「視野欠損」といった症状が代表的ですが、進行すると失明に至る場合もあります。
日本では、40歳以上の20人に1人が緑内障であると推定されていますが、自分が緑内障であることに気付いていない方が9割以上もいると言われています。

〇原発性閉塞隅角緑内障
目の中では、眼圧の保持、栄養運搬、老廃物の排出などの役割を担う房水が絶えず循環しています。
房水は、毛様体から分泌されて、角膜と虹彩の間にある隅角を通ってシュレム管から排出されます。
この隅角が、虹彩によって塞がれると、房水の循環が妨げられて眼圧が上昇します。これが原因で起こる緑内障が「原発性閉塞隅角緑内障」です。
この原発性閉塞隅角緑内障は、症状が突発的に現れて、急激に進行するため、「急性緑内障」とも呼ばれています。
激しい眼痛や頭痛を伴い、発作から48時間以内に適切な処置を行わないと失明に至ることもある最も怖い緑内障です。

〇原発性開放隅角緑内障
房水の排出口であるシュレム管の前にフィルターの役割を担う線維柱帯という器官があります。
この線維柱帯は、房水によって運ばれてきた老廃物をろ過する機能を持っていますが、この線維柱帯が詰まると房水の排出が妨げられて眼圧が上昇します。
これが原因で起こる緑内障が「原発性開放隅角緑内障」です。
原発性開放隅角緑内障は、進行が緩やかで自覚症状が乏しいため、病気に気付きにくく、異常を感じた時には既に病状が進行しているケースが多く見受けられます。

〇正常眼圧緑内障
緑内障は眼圧が高いことが原因であると思われがちですが、眼圧の数値が正常範囲内であるにも関わらず発症する緑内障を「正常眼圧緑内障」といいます。
日本人では、この正常眼圧緑内障が、緑内障全体の約90%を占めていると言われており、これが緑内障と気づきにくい主な要因であると考えられます。
明確な発症メカニズムは解明されていませんが、眼圧に対する視神経の耐性が弱い、視神経の血液循環が悪い、遺伝的要因などが原因であると考えられています。

〇その他の緑内障
続発緑内障:怪我、病気、薬に副作用、目の手術など様々な原因があります。
発達緑内障:房水の通り道である隅角が未発達なために起こる先天性の緑内障です。

◆糖尿病網膜症
糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起こる目の病気で、糖尿病腎症と糖尿病神経症と合せて糖尿病の3大合併症として知られています。
網膜は、薄い神経の膜で、人間が物を見るためのフィルムの役割を担っています。
網膜には、光を感知する神経細胞と、無数の細かい血管が存在していますが、糖尿病によって血糖値が高い状態が続くと、やがて血管にもダメージを与えるようになります。
網膜にある血管は、特にダメージを受けやすく、血管が詰まったり、出血を起こすようになります。血管が詰まると、網膜に酸素が供給されなくなり、酸欠状態を補うために新しい血管(新生血管)が作られるようになります。
新生血管は非常に脆く、出血や血液成分の漏れが頻繁に起こし、視界のかすみや視力低下などの症状の原因となります。
さらに病気が進行すると、網膜剥離や緑内障を併発して、失明に至ることもあります。糖尿病と診断された場合は、目に異常を感じていなくても、定期的に眼底検査を受けることが大切です。

◆網膜色素変性症
網膜には、人間が物を見るために必要な様々な細胞が存在していますが、網膜色素変性症になると、入ってきた光を電気信号に変える働きがある視細胞が最初に障害されます。
視細胞は、網膜の周辺部に分布する杆体細胞(かんたいさいぼう)と網膜の中心部である黄班部に多く分布する錐体細胞(すいたいさいぼう)に2分されます。杆体細胞は、視野や暗い所での見え方に関係する視細胞で、錐体細胞は視力や色覚に関係しています。
網膜色素変性症は、主に杆体細胞が障害されることが多く、暗所で物が見えにくくなる夜盲や視野の周辺部が狭くなる視野狭窄が主な症状として現れます。
病気の進行は遅行性で、数年から数十年かけて徐々に進行する特徴がありますが、さらに病状が進行すると錐体細胞にも影響が及び、視力低下を引き起こします。
この病気には、絶対的な治療法は確立されていないため、治療は内服薬などで病気の進行を遅らせることが目的となります。

◆白内障
白内障は、水晶体が白く濁って視力が低下する目の病気です。白内障の原因は様々ありますが、加齢による加齢性白内障(老人性白内障)が最も多く、全体の7割以上を占めています。早い人では40代から発症し、70歳以上ではほぼ100%の人に白内障があると言われています。
その他の原因としては、先天的なものや外傷、アトピー、薬剤、放射線、他の眼疾患、目の手術などによっても白内障になることがあります。
白内障の症状としては、眼のかすみ、物が二重に見える、光がまぶしい、視力の低下などがありますが、濁った水晶体をクリアにすることは出来ないため、治療法としては濁った水晶体を人工の眼内レンズに交換する手術を受けるしかありません。白内障は、国内で最も多く行われている目の手術で、比較的ポピュラーな手術というイメージがありますが、進行し過ぎると、緑内障を併発したり、手術の難易度が高くなりますので、適切な時期に手術を受けることが大切です。
白内障手術に使用する眼内レンズは、遠くに焦点を合わせる単焦点レンズが一般的ですが、近年では遠近両用のマルチフォーカルレンズ(2焦点レンズ)や遠方・中間・近方のすべての距離に焦点が合うトリフォーカルレンズ(3焦点レンズ)が登場しており、白内障と同時に老眼や乱視も治療することが可能になりました。
また、レーザーを使用した白内障手術も行われるようになり、白内障手術にも様々な選択肢が登場していますので、白内障手術も自分の生活スタイルに合わせた手術を選択できる時代になってきているのではないでしょうか。

日本の視覚障害の原因疾患第1位は「緑内障」

日本の視覚障害の原因疾患第1位は「緑内障」

人間は、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚という五感から様々な情報をキャッチして生活しています。
中でも、情報の85%以上を入手している視覚は、人間にとってとても重要な役割を果たしており、視覚を失うということは情報の大半を失うことになります。

日本の視覚障害の原因疾患と中途失明の原因疾患を見ると、第1位から第3位までが同じ病気がランクされていますので、注意すべき目の病気として知っておくことが大切です。

◆日本の視覚障害の原因疾患

参考:厚生労働省科難治性疾患克服研究事業研究データ(平成17年度)

◆日本の中途失明の原因疾患

参考:厚生労働省科難治性疾患克服研究事業研究データ(平成17年度)